ごあいさつ
 次回の日本在宅医学会大会長を仰せつかっております名古屋大学の葛谷でございます。名古屋での開催は2002年に現理事長の前田憲志先生が第4回の大会を開催されて以来、15年ぶりとなります。当時の会場と同じ名古屋国際会議場において2017年6月17日(土)、18日(日)開催を予定しています。
 超高齢社会を迎え、我が国の医療においては病院完結型から地域完結型へのパラダイムシフトが今まさに進行中であります。在宅医療は地域完結型医療そのものであり、今後地域包括ケアシステム構築における中核的役割を担うことが期待されています。名古屋での次回大会が今後の在宅医療の発展に少しでも貢献できることを期待しています。
 平原佐斗司先生が大会長をお務めになった第18回の東京大会と同様、多くの方々がご参集いただけるような名古屋大会にしたいと思います。会員の皆様、さらには在宅医療に携わっておられる多くの方々に、ご参加いただけるよう、現在プログラムを鋭意作成中です。是非、実りある大会にしていきたいと思います。
 では、皆様と名古屋の地でお会いできることを心より楽しみにしております。

第19回日本在宅医学会大会会長 葛谷雅文